何度でも講義を繰り返して聞ける通信講座は、
教育業界の構図を変えつつあります!

資格の予備校と通信講座

「試験に合格しやすいテキスト」という観点に立つ時、
通学講座か通信講座を利用する方がずっとベター、という秘密がわかりました。

通信講座と通学講座のどちらが良いのでしょう。この方はみなさんのおかれている環境によっても変わります。

職場や学校の近くによい学校がある。比較的時間にも余裕がある。そして経済的にもまったく問題がない、ということなら通学講座をお薦めします。
最短距離で合格をめざすなら、いろんな点からやはり通学講座は魅力です。

通学講座の魅力

●教室で聞くライブ授業は集中しやすい
●わからない箇所は講師にすぐに質問できる
●学習スケジュールを管理しやすい
●教室の仲間と情報共有しやすい

などなど、教室へ通う授業にはさまざまなメリットがあります。
ただ、通学講座へ通う場合は、生の授業が行われている講座を選びましょう。

最近はスクールでも「映像コース」を提供している学校が目立ちます。
教室で、予め収録された講義映像を見ながら学習するスタイルのそれです。

もちろん「映像コース」の学習効果も十分高いものです。でもそれは通信講座を利用して、自宅で講義DVD等で勉強することとまったく同じことです。
コストパフォーマンスや時間のこと(学校までの往復時間)を考えれば、どう考えても通信講座を利用することの方が賢い選択です。

通信講座のメリット

●時間を選ばず、いつでも好きな時に勉強できる
●テキストなどの教材のクオリティーは予備校と同じ
●講義DVDなどのメディア教材は繰り返し視聴できる
●予備校に比べずっと低予算で勉強できる

今日、通学講座と通信講座のちがいは、「生の授業を受けられるかどうか」、ほぼそのことのみに尽きると言っても過言ではありません。
もちろん独学をするより費用はかかりますが、それは決してスクールに通うような負担ではありません。
プロの講師の授業を繰り返し受けられることを考えると、実は驚くほどコストパフォーマンスが高いのが、今日の通信講座です。

ただ教育業界では後発組ということもあり、各種の通信講座には、歴然とした差があることも事実です。通信講座を選ぶ時には、受講生の声など、OB情報もしっかりチェックして決めるようにしてください。