難易度の高まりは合格者数を制限するため!?

通関士資格の難易度

通関士を目指す方なら誰もが気になる、試験の難易度について解説していきます。
では合格率を見てみます。

近年の試験結果

 

受験者数

合格者数

合格率

平成16年度

10,191人

1,920人

18.8%

平成17年度

9,953人

2,466人

24.8%

平成18年度

10,357人

725人

7.0%

平成19年度

10,695人

820人

7.7%

平成20年度

10,390人

1,847人

17.8%

平成21年度

10,367人

807人

7.8%

平成22年度

9,490人

929人

9.8%

平成23年度

9,131人

901人

9.9%

平成24年度

8,972人

769人

8.6%

平成25年度

8,734人

1,021人

11.7%

平成26年度

7,692人

1,013人

13.2%

平成27年度

7,578人

764人

10.1%

通関士は、平成18年に出題形式が変わってから合格率が一ケタ台まで落ち込みました。
平成18年度以降の試験で合格率が10%を超えているのは2回のみです。

では平成18年度に出題形式はどのように変わったのでしょう。
それまでの「マークシート+記述式」から、「全てマークシート方式」に統一されています。さらに出題数も全67問へと増えています。

対策が比較的大変といわれる記述式が廃止され、設問のすべてをマークシートで解答できるよう変わった。にもかかわらず合格率が極端に低下しているワケは、試験の内容もこの年度からグンとむずかしくなっているからです。

マークシート方式=試験の難化、という図式が成り立つはずはもちろんありません。
全マークシート方式の導入は、受験者増に対応し、合否の判定処理を容易にするための方策に過ぎません。

ではなぜ試験を難しくしたのか。その答えは合格者数の抑制です。
通関士試験は、合格点に達すれば必ず合格できる絶対評価の試験だからです。
平成が始まった頃の、受験者は全国でせいぜい3000名ほどでした。
3,000名→10,000名では約3倍以上です。
試験団体としても、受験者の増大率に合わせ合格者を輩出するわけにはいきません。
その理由には、すでにお話しした、合格者の就職先の確保の問題があるわけです。

しかしながら管理人の個人的な意見としては、通関士の試験は、合格率が10%を割るようになったとはいえ、まだまだ難関の試験ではないと思っています。

通関士の試験には一切の受験資格がありません。
失礼かもしれませんが、試験会場に集まる人たちのレベルには、能力や準備の程度にかなりのばらつきがあるように思うのです。

合格率については以下のような見方をすることが大切です。
たとえば平成18年度からスタートした、新司法試験がよい例です。
旧司法試験に比べ取得が容易になったとはいえ、それでも裁判官や弁護士を輩出する試験の難易度はあらゆる国家資格の中でトップクラスです。
そんな新司法試験の合格率は27%の水準にあります。
もちろんそこには、法科大学院課程修了者という、厳格な受験資格があってのことですが。

あえて資格名は挙げませんが、世の中には、2~3ヶ月程度の試験準備で合格をめざせる、合格率20%程度の資格もたくさんあります。

その取得が簡単な合格率20%の資格と、
合格率27%の新司法試験と
現在は合格率7~10%の通関士のことを、

いろいろ想像して比べてみてください。私のお伝えしたい事をお分かりいただけますよね。

合格率が険しくなったといっても、いまでも通関士の合格者には、現役の学生がたくさんいます。通関士の試験には、十分な試験対策をしておけば、必ず合格できます。