通関士の収入はサラリーマン一般と横並びと心得ましょう。

通関士の収入・年収

通関士の年収は、勤務する会社の給与体系によります。
自分の将来を託す、就職先の給与は当然気になるところでしょう。
しかし、ここはむずかしいところです。
すでにお話ししてきた正規の通関士(通関士の資格を取得し、通関業者に勤務し、税関から承認された通関士)なら、高額年収が期待できるわけではありません。

もちろんこのことは、企業の規模や勤続年数にもよることですが、通関士の資格を取得して、金融、貿易商社、メーカー等に就職した人の方が、年収が高い場合もあります。

つまるところ、通関士の有資格者であっても、収入は、企業の給与体系や会社の業績によります。言い方を換えれば、通関士の有資格者、営業、経理スタッフのいずれで入社をしても、給与体系にそれほどのちがいはないということです。

通関業界(通関業者)全体を見る初任給は17万円~19万円ほど、年収では350万円~400万円ほどになります。

業種別の平均年収の相場としては、陸上運送会社522万、海上運送会社788万、倉庫会社617万というデータがあります。
これはあくまで平均年収ですので、目安としては30代半ばの社員の収入です。
年収比較サイト等をご覧いただけるとわかりますが、社会経験を積んできた35歳前後のサラリーマンの収入としては、ごくごく平均的な数字です。

ばっさり言ってしまえば、通関士は決して高収入を期待できる職業ではありません。

ただ長期的な視野で見れば、同じ会社で勤続年数を重ねることで、将来役職等の責任ある立場をまかされ、段々と収入がアップしていくことは、申し上げても差し支えないないでしょう。

これから試験の準備に入るみなさんですので、いまの段階ではひとまず、
「通関士になれたらごく平均的な収入は、十分に確保できる」
という心積もりでいてほしいと思います。

通関業者の仕事は概ね安定しています。民間企業ですので絶対潰れないという保証はありませんが、不況の時代でも通関業者はやはりつよいです。
モノの輸出入なしに、この国の経済は成り立たないからです。

通関士として採用が決まれば、その将来はほぼ安定していえると思います。
いまみなさんが超えなければいけないハードルは、通関士の試験を突破することです。
通関士の収入・年収について、一応の納得ができたら、あまり先の計算ばかりすることなく、一歩々々、合格へ向け前進することだと思います。