貨物の輸出入に必要な、書類手続き審査の専門家

通関士の仕事

ではさっそく、通関士とはどんな存在なのか、
通関士の仕事内容とはどのようなものかを見ていきましょう。

外国に日本の貨物を送り出したり、あるいは外国からの貨物を日本で引き取る時、つまり輸出入を行う場合、その荷物は当然、日本の国境線を超えて出入りすることになります。

その際には、その荷物は輸出入をして問題のない貨物だろうか、また関税、消費税などを徴収すべきかどうかを判断する、いわば国益を守るための機能が必要になります。
その役割を果たしているのが「税関」です。

輸出入を行う場合は、税関にいろいろな書類を提出して審査を受け、税関長の輸出入許可を受けなければいけません。しかしこれらの書類作成は非常に専門的な要素がつよく、輸入業者が自ら行うのは困難です。

そのため税関は、これらの業務を「通関業者」と呼ばれる企業に一任しています。そして通関士とはそうした通関業者で、上記の手続きを行う専門家のことです。

ご存知のように、日本は天然資源に乏しい国です。石油、天然ガス、鉄鉱石などの鉱物資源はもちろん、食卓にのぼる肉や魚、果物など、私たちの身の回りの多くのものが輸入品によってまかなわれています。私たち日本人の生活は、輸入品によって成り立っていると言っても過言ではありません。

一方、輸入した原材料を加工し、さまざまな製品を作り、海外へ輸出。
日本はさまざまな面で貿易に多くを依存している国なのです。

そして諸外国との適正な貿易のやりとりを、税関が、そして通関士が支えています。
通関士は、日本の貿易業界を支える専門家として、誇りを持ってがんばれる仕事です。